どうしても迷ってしまう大手不動産業者と個人不動産業者の選択

  • 物事には「永遠のテーマ」と呼べるような、答えが中々出すことができないということがあります。
  • 本サイトは、不動産査定の話題を中心としたサイトですが、当然、この不動産査定の世界にも「永遠のテーマ」というものが存在します。
  •  
  • それが、今回のテーマである「不動産売却をするときに、個人不動産業者に依頼するのか?それとも、大手不動産業者に依頼するのか?」ということ。 両者ともに一長一短があるため、実際に自身が持っている不動産を売却しようとしたとき、非常に悩んでしまうわけですね。
  •  
  • ということで、以下より悩んでしまったときに、こういった考え方で決定していくと良いですよという指針を少し紹介したいと思います。 何かの参考になれば幸いです。
  •  
  • ■どちらにせよ…両者に査定を依頼する

  • 色々と説明はしますが、結局のところは個人不動産業者にも、大手不動産業者にも査定を依頼することが確実です。 この査定額、そして査定時の雰囲気や担当者との相性を総合的に比較していくという基本的なことは変わりありません。
  •  
  • ■個人不動産業者は思いもよらぬ高額査定が出る場合も

  • とはいえ、これだけでは普通の比較と変わりありません。
  • したがって、以下の説明の内容を念頭に入れて比較していくとよいでしょう。
  •  
  • 例えば、個人不動産業者であれば、思いもよらない査定額を提示してくれることもあります。
  • 大手不動産業者も「無理」と思った物件でも買い取ってくれる可能性があります。