不動産査定を行うときに使いこなしたい訪問査定と簡易査定

  • 不動産査定という作業は、非常に大変な作業になるということを、常に頭に入れておいて欲しいです。
  • このように記載してしまうと、身構えてしまいますが、ただの気の持ちようのため、あくまで心構えとして念頭に置いておいてもらえれば幸いです。
  •  
  • さて、そんな大変な作業を少しでも軽くしたいと考えるのは、人の常というもの。
  • 今回は、その1つの方法として提案するのが、査定方法の使い分けです。
  • 一体、どういうことなのか?を以下よりお話をしていきたいと思うので、ぜひともご一読をしてみてくださいね。
  •  
  • ■簡易査定という名の「目安」となる金額を知る方法

  • 簡易査定は、言葉通り、非常に簡単に行った査定のことを指します。 「非常に簡単な査定とは何か?」ですが、市場で売買されたケースを相対的に比較をして行うものになります。
  • (業者によっては異なる方法で算出する場合もあります)
  •  
  • したがって、正確性は正直なところ、そこまではありません。
  • 突拍子もない不正確性まではいきませんが、ある程度の目安としておきましょう。
  •  
  • ■本格的に査定をしたいときに利用する「訪問査定」という方法

  • 正確性がある査定額を知りたい場合は、訪問査定になります。
  • 実際に不動産比較をする場合、この訪問査定の結果で比較していくことになるかと思います。
  •  
  • 直接、不動産業者とやりとり行うため、業者の雰囲気を知るにもいい機会になるため、多くの業者に依頼するようにしたいところですね。